【最強】NURO光 for マンションにしたら16倍速くなった話

マサトシ
マサトシです。水泳以外のTwitter,YouTubeもやっています

自宅のWi-Fiが遅い。遅すぎる。もっと快適な環境で仕事がしたい。

個人的にコロナ禍においては通信速度は命の次に大事だといっても過言ではないと思っています。いや、命の次に大事はさすがに言い過ぎ。

コロナ禍じゃなくても職業柄、YouTubeへの動画アップや、水泳のレッスン動画のアップなど、わりと容量の大きいデータを扱いがちなので、通信速度が遅い=業務に支障が出てしまいます。

もっと快適な環境で仕事がしたい。とはいいつつも、後回しにしてきたのも事実ですが、ついに我慢の限界。

今回噂のNURO光に乗り換えてみました。

結論は超快適

「なんで早く乗り換えなかったのだろう」「今までのイライラはなんだったのだろう」と思うくらい快適です。

ということで今回は、僕がNURO光にした理由と、NURO光のメリットデメリットをまとめようと思います。

今までの回線の不満

今の回線のスピードテスト

これまで自宅にソフトバンク光を引いていたのですが、コロナ禍(在宅ワーク・巣ごもり)で全体の通信量が増えているせいなのか、マンション内の通信量が増えているからなのか不明ですが通信速度がマジで遅すぎてやばい。

今の回線はとにかく遅い

上りと下りが大体30Mbsくらい。

「え?これは光回線か?光回線なのか?」

「いや遅すぎて、牛歩光やん」とツッコミたくなるくらいの遅さである。

「30Mbsってどれくらいの速さかわからん!」という人のために簡単にお話すると、YoutTubeを快適に観ようと思ったら5Mbsくらいあれば良いそうです。(マサトシ調べ)

こんなことを言うと「じゃあ30もありゃ十分じゃん!」というお声も聞こえてきそうですが、YouTubeに動画をアップしたり、レッスン動画をアップしたりするときのデータサイズは2GB~という大きさなので、全然動画のアップが進まないのです。

とりあえず。「Mbs」とか、「上り」とか「下り」とか、そういうワードが得意でない人のためにざっくり一言で説明すると、「Wi-Fiにしてはとにかく遅い」ということ。

これだけわかってくださればオケまる。

今の回線で一番イヤなポイント

そして一番キレそうになるのが、接続が不安定だからか「動画のアップロードに失敗しました」の文字。

何十分か待ってからの「アップロードの失敗」が連続すると、さすがにストレスでハゲそうになってしまいます。せっかくハゲ治療しているのに泣

そして「そうだ!出かける前に動画アップしておこ〜」と思い立ち、動画をアップしながら準備 → いざ、出かけられる!と言う時にまだアップロードが完了していないというストレス。

これがとにかくツラタン。

NURO光にした理由

上記のように、このままでは回線が遅すぎていつ僕がハゲ散らかしてしまうかわかりません。

そのため今回、ソフトバンク光→NURO光へと乗り換えたわけなんですけど、「なんでNURO光にしたの?」という話をこれからシェアしていきたいと思います。

NURO光 for マンションという神プランを発見した

「for マンション?おいおいなんだよそれ」と思った方も多いと思います。

大丈夫、僕もそう思っていました←

「NURO光 for マンション」というのをざっくり一言で説明すると「マンション内に4人くらい契約者がいるとNURO光が月2,750円で使える」というサービスらしいです。

通常の光回線ですと、「個人が申し込み→光回線が使える。」というフローですが、このfor マンションというのは「グループで申し込み→光回線が使える」みたいなイメージ(だと思っている)。

しかも、このグループの人数が増えれば増えるほど月額費用が安くなる(最安は2,090円)という神具合です。

「スマホのプランで家族割があるとしたら、それがマンション単位でマンション割みたいなのがある感じ」と言ったらわかりやすいかもしれません。

申込の可否金額
NURO光個人でいつでも申し込める980~5,217円
NURO光 for マンションマンション導入済なら個人で申し込みOK
マンション未導入ならNG
2,070~2,750円
通常のやーつと、forマンションは別物(品質は同じ)

NURO光 for マンションは料金がわかりやすい

上記のとおりNURO光 for マンションは料金が非常にわかりやすいです。

マンション内で人数が増えれば安くなるという点だけトリッキーですが、「とりあえず2,750円以上かからないのね」というのは単純明快。

そしてこの金額はマサトシ調べ的にどこの光回線業者よりも安いです。安くてそれなりの速度が出る会社をチョイスしようとしたら3,000円以上はかかるんじゃないかなぁ。

NURO光 for マンション以外の会社の料金はわかりにくい

「スマホ電波をソフトバンクから日本通信に変える」のような手続きがめんどくさいのと同じように、光回線を別の会社に何度も変えるのは正直めんどくささの極みであるので、なるべく情報収集を行ました。

で、結論、どこの会社も料金プランわかりにくすぎ問題なんですよね。

A社「1年目はいくらで使えて、2年目はいくら、3年目はいくらで、4年目からはいくらになります!そして今なら最大4.5万円キャッシュバック中!」(徐々に値上がりパターン)

B社「1年目から3,800円で使えますが、あなたが弊社スマホユーザーなら2ヶ月目から12ヶ月間いくらの割引があって、さらにこのオフションをつけるとプラスいくらになります!そして現在期間限定で3万円キャッシュバック中!」(読解力試されるパターン)

C社「…」

D社「…」

みたいな感じ。

「なるほど、じゃあ最初の2年まではA社が安いけど、その後もし仮に使い続けるとなるとB社の方が長期的にみてお得なのか。んでも待てよ?キャッシュバックキャンペーン○万円分がもらえるとすると…」とかやっているうちに脳が疲れて「もうええわ、明日考えよ」って感じになってしまうんですよね。

もはや、あえてめんどくさい表記をして考える力を奪って自社から契約を変えさせないとか、「めんどくさいからこの会社でいいや」的に自社に契約させるとかそう言った意図が……おっと誰か来たようだ。

まぁ、つまり比較検討するにも複雑怪奇の摩訶不思議アドベンチャーなわけです。

こういう比較が大好きな人たちは念入りにチェックするのでしょうけど、僕にはちょっと無理。脳ミソ溶けるかと思いました。

固定費は削れることに越したことはないですから、この辺りの入念な比較検討はむしろ大事かもしれませんけど。

そういえば、そんな中でも料金体系がシンプルでわかりやすかったのが、BIGLOBE光です。

「1年ごとに料金が変わる」とか、「プラスされたりマイナスされたりで結局いくらになるのかわけわからん」みたいな感じることがなく、「シンプルやわ〜」という印象でした。

(ちなみに僕自身BIGLOBE光を使っていたこともありますが、ふつーに快適に通信できました。)

▶︎ BIGLOBE光 詳細ページ

NURO光 for マンションの4つメリット

NURO光に変えた結果

次に僕がNURO光 for マンションを契約して感じたメリットを紹介します。

1:鬼速い

やっぱり回線速度が速い。それもどちゃくそ速い。

具体的にどれくらい速いか?というとソフトバンク光と比較すると、約16倍くらい速い。(前:約30Mbs → 今:約500Mbs)

これくらい速ければ、先程の「アップロードに失敗しました問題」にも遭遇しないし、出かけるめっちゃ直前でもないかぎり動画のアップが完了されてないということもない。

2:鬼安い

そして、これだけの速さを実現しながら月額2,750円は正直安すぎ。

比較する業者によるとは思いますが他社より約1,000円~1,500円くらいは安いと思ふ。

1,000円 x 12ヶ月で1.2万。1,500円 x 12ヶ月で1.8万円。この差はかなり大きい。

1円節約するのは、1円稼ぐのと同じだからなぁ by まさお

3:光回線とはなんなのか?本当の意味を知れた

ご周知の通り(?)、これまで使っていたソフトバンク光は、その遅さのあまり僕は「牛歩光」って呼んでいたのですが、今までそんな牛歩スピードに慣れていたせいか、ページや広告に「○○光!」とか書いてあっても「光ってなに?なにが光なの?」という感覚でした(これはガチ)

ところがどっこい、NURO光にかえて爆速でダウンロードやアップロードが進むその様をみて、「おぉぉぉ、これが光かぁぁぁ!!」と心の底から感動しました。

それと同時に「あぁ!この光のような通信速度=だから○○光って言ってるのね!」と初めて「光」の本当の意味を知ったのでした。(※本当は光ファイバーを使ったケーブルのことを言うらC。)

4:回線開通まで1週間ちょいで開通した

実は前からNURO光自体は気になっていたのですが、何度も途中で止めてきた背景があります。

その理由は「工事の遅さ」。

SNSでは、「NURO光の速度はなんら申し分ないが、工事が遅すぎる」というレビューを見かけることが非常に多かったのです。

「NURO光、申し込んでから開通するまで2ヶ月くらいかかったわー。」といった具合の内容。

「2ヶ月!?ちょっとさすがにそれは遅すぎるなー」と思っていたのですが、僕の場合は「for マンション」だったからか、申し込みから1週間と2日で開通しました。

2ヶ月くらい待つことを覚悟していただけに、このスピード感で開通できることは知った時にはテンションがあがりました。この部分は多くの人に知ってもらいたいなぁ、と思ふ。

NURO光 for マンションの2つのデメリット

と、ここまでNURO光を散々ほめてきたわけなんですが、光があれば闇があるようにもちろんデメリットもありますので、次はそのあたりもシェアしたいと思います。

1:個人で申し込みができない

前述の通り、NURO光 for マンションは個人での申し込みができません。

正確には、すでにマンション自体が導入可能なマンションであれば、個人での申し込みは可能です。

ですが、マンション自体が導入できないマンションであれば、個人での申し込みは不可能です。

「それってどうやったら確認できるの?マンションの管理組合とかNUROに直接に聞くしかないのかな?」という声が聞こえてきそうですので、NURO光 for マンションが導入できるかどうか確認できるページを下記に貼り付けておきます。

▶︎ NURO 光 for マンション提供状況確認ページ

もし仮にマンション自体が導入済み(=個人で申し込めるマンション)であれば、このような表示がされます↓

赤枠は僕が払っている月額費用。マンション内にユーザーが増えると安くなるらしい。

もしも導入済みでないマンションの場合はどうするのかは不明ですが、おそらく意見をまとめて管理組合などで検討する必要があるのかもしれません。

とはいえ、これくらい速いのであれば、ふつーのNURO光申し込んでも良さそうではあると思います。若干他社より高い気はするけど、やっぱめっちゃ速いんだよなぁ。

▶︎ NURO光 詳細ページ

2:そんなに速さいる?

これをいってしまったら元も子もないとは思うのですが、「こんな高速が通信必要な人ってどれくらいいるんだろう?」というシンプルな疑問はあります。

僕のように動画のアップロードなどの扱うデータサイズの大きい人はNURO光のメリットを最大限利用できるとは思います。

あとは、インターネットでゲームを行うゲーマーの人ですかね。僕はゲームをやらないので詳しくないですが、知人によると通信速度が勝敗を握っているらしいので。

こんな人にはNURO光をオススメしたい

最後にこんな人はNURO光が非常にオススメだよ!というポイントをお伝えします。動画を扱う人や、ゲームをする人は既出なのでカットマン。

電話回線を活用して光回線を使っている人

これは僕の家がそうだったのですが、電話線を光回線っぽくしてインターネットを使っている人の家はおそらくウチと同じく「牛歩光状態」だと思います。

電話マーク(上画像の所)→モデム(下の画像)に繋げてインターネットを使用してる場合はソレ。従来型のやーつで光もどき。

光回線の顔をした牛歩です。

で、NUROの工事をしてもらったらこんな感じになりました↓

工事をする前までは、「電話回線を使用してインターネットに繋いでるってどういうこと?」状態だったのですが、工事をしてもらってみてみたら一目瞭然。

端子の形が全く違うやないかい。

実は、これまで散々ダメ出ししてきたソフトバンク光も、電話線を使わず上の端子になっている場合はかなり速いです。

建物の仕様によるんでしょうが、電話線を活用→光回線を使う場合はどうしても遅くなってしまうそうです。

そのため、上の画像に変えてくれるような工事をしてくれないとどこの光回線業者に変更したとて速さは変わらないんじゃないかと思います。

これは余談ですが、「もしやルーター(電波飛ばすやーつ)が悪いんじゃね?」と思ってルーターを買い替えたんですよ。この宇宙戦艦みたいな強そうなルーターに。

でも速度は変わらず。ルーター自体はかなり評価いいのですが、元となる回線が遅いため、お蔵入りとなりましたとさ泣

結論、電話回線使うのなら結局牛歩。

そのため僕の家のように、従来型の電話回線を使ってインターネットをしている人には是非NUROをオススメしたいマン。

それでは!

▶︎ NURO光 詳細ページ

おすすめの記事