【湘南美容】30代男性が4年間のヒゲ脱毛を終えた結果と感想

マサトシ
マサトシです。水泳以外のTwitter,YouTubeもやっています

先日、湘南美容クリニックのヒゲ脱毛無制限コース(4年間)が終了しました。

「もう4年も経ったのか」という時の流れの早さに驚きつつ、今日は4年間のヒゲ脱毛を終えた感想をシェアしていきたいと思います。 ※ちなみに、現在はヒゲ脱毛無制限コースは廃止になっているご様子。

ふと思ったんですが、僕は今、歯列矯正や、AGA(ハゲ)治療もしていて、それに加えてヒゲ脱毛をしているって結構美容男子なのかもしれません。知らんけど。

「男子?もう30代なのに?」という声は華麗にスルーしつつ、さっそく中身に入っていきたいと思います。

ちなみに結論は効果はバツグンで大満足です。痛かったけど。

僕がヒゲ脱毛しようと思ったきっかけ

たしか大学4年。3週間くらい放置するとこれくらいヒゲが生えていた。

まずはWhy?の部分。人は「なぜ?」の部分が気になる生き物。子供はすぐに「なんで?」と聞いてくるし、「ビジネスも『なぜ?』の部分から伝えると良い」と、どこかのエライ人は言う。

というわけで、まずはWhy?の部分からみなさまにシェアしていきたいと思います。

1:毎日ヒゲを剃るのがとてもめんどくさい

もうこれは語る必要がないくらいだと思うのですが、毎日のヒゲ剃りってめんどくさいですよね?

1日3分ヒゲを剃り、休日はさぼったりしたとして300日ヒゲ剃りしたら15時間。1年のうち15時間も僕たちは髭を剃っている計算。

そしてこれが x 何十年だったとしたら…あとはわかるな?

2:青ヒゲになるのが嫌だった

上の画像は僕が大学4年の時だったと思うのですが、僕は「生えていて欲しいところにはヒゲが生えている」。というヒゲの濃さでした。

マダラになる所もなかったので、ヒゲを伸ばしたい人からすれば「まぁまぁええ感じ」の生え揃い具合でした。

ところがどっこい、逆を言えばそれなりに生え揃ってしまっているのでヒゲを剃ると「あ、ここにヒゲが伸びてくるのね」とわかってしまう、いわゆる青ヒゲになるのがすごい嫌でした。

それがイヤすぎて、学生時代は基本的にヒゲを抜いていたくらい。今思うとよくもまぁ時間かけて1本1本抜いてたなとも思います。我ながらアッパレ。

3:シェーバー is 高い

ヒゲ剃りのシェーバー自体は最悪しょうがないとして、シェーバーの替えの刃、高くないですか?替えの刃3個セットでシェーバー本体近くの値段がしたりするんですよ。

「これはプリンターと同じくリテンション戦法で、本体で儲けるのではなく買い替えが定期に必要なモノで儲けるパターンのやつや!!」とか思ったりしつつも、替え刃がないと切れ味悪くなると流血騒動にもなりかねないので、結局買わずにはいられない is ランニングコスト高い。

そして出張先や、旅行先で自前のシェーバー忘れた場合、だいたい宿のシェーバーは切れ味が悪くて使い物にならないことが多くて、コンビニで買うことになったりする is 高い。

余談ですが、最近マスクを忘れて外出してしまい慌ててコンビニでマスクを購入したのですが、こういう既に持ってるはずのものを買うのってかなり無駄な出費ですよね(白目)

4:色白童顔(自称)にはヒゲは似合わない

僕は色白童顔タイプ(自称)なのですが、どうもヒゲは似合わない。

僕が阿部寛さんや、竹野内豊さんのような濃ゆいフェイスだったらまだ話は違ったかもしれませんが、僕のフェイスはどっちかっていうと塩。

そして31歳になった今でも、稀にお酒を買うときに年齢確認されるフェイス。

20代後半くらいのときはまだ嬉しかったけれど、今はもう31歳。内心ちょっと心配。

上の画像のように大学生のときには調子にのってヒゲを伸ばしていた時期もありますが、「似合ってるね!」と言ってくれたのは2人だけで、その内の1人は母上だったためノーカン。

「似合ってるね」って言ってくれた人は実質1人しかいませんでした。つら。

5:当時付き合っていた彼女が脱毛をしていた

「ヒゲ脱毛したいけど、一生生えないとか、ヒゲを生やしたくなった時どうしよう〜」とか色々考えていたのですが当時付き合ってた彼女が脱毛していて、色々話を聞いた結果、「最悪、ヒゲ生やしたくなったら付けヒゲでもすればいいや。金だ!金で解決してやらぁ!!」というパワープレイ的な結論にいたったので、それを機にヒゲ脱毛を決めました。

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛開始1年目の写真。アゴあたりが青い(黒い)ことがわかる。

ヒゲ脱毛にはすっごく満足しているのですが、やはりデメリットもあります。ここではヒゲ脱毛のデメリットをシェアしたいと思います。

1:通うのが面倒

「それを言っちゃあおしめぇよ(江戸っ子風)」感はあるんですけど、やっぱり行かなきゃ始まらない。「AGA治療のようにオンラインでできればいいのに」とか思ったりしましたが、施術内容的にそうはいきません。

そのため、がんばって通う必要はあるんですが、とはいえ4年間も通っていると普通に習慣化されてくるので、そのうちあなたも「美容室や買い物のついでにヒゲ脱毛」という合わせ技をやってのけるようになると思います。

2:受付のお姉さんがキレイで恥ずかしい

大体美容系のクリニックって受付のお姉様方がキレイなんですよね。なので、初回カウンセリングをするときとかなんか恥ずかしいんですよね。

「『うわ〜この人ヒゲ脱毛するんだwww』みたいに思われてたらどうしよう」的な。

ただ、こういうのって実際自分だけの妄想にすぎなくて、「恥ずかしいと思っているは自分だけ」だったりするんですよね。

僕も普段水泳指導をしているので性別問わず、水着姿をみるわけですが「うわ〜この人の水着姿やばwww」みたいなこと思わないですから。

つまり相手はプロなわけで、そんな心配事はいらないってことですね。

そして今や男性の脱毛は市民権を得つつありますし、今後はむしろ「あぁ、この人なんにもケアしていないんだなぁ…」みたいな時代がくると思うんですよね。知らんけど。

3:痛い

シンプルに痛い。脱毛の痛みは「ゴムで弾かれるような〜」という表現で例えられることが多いのですが、まさにその通りでふつーに痛いです。

施術中、悲しくもないのに勝手に涙が出てくるくらい痛い。

ただ、これも安心(?)していただきたいのは、痛みは一番最初〜数回までがMAXで、10回目を超えたらくらいからヒゲも徐々になくなってくるので痛みも徐々に少なくなっていきます。

この痛みが減ってくる感じが個人的には好きで、「おぉ、俺のヒゲなくなってきてるんだなぁ」という実感を得られます。

「最強に近づいている自分」的なやつです。(中2病)

4:完全にヒゲがなくなるわけではない

これは毛の濃さ(人によりけり)だと思うのですが、僕は4年間で合計20回くらいは通ったと思います。

ただ、完全にキレイさっぱりとぅるんとぅるんのフェイスにはなりませんでした。

「4年も通えば、ヒゲが一本も生えないとぅるんとぅるんフェイスになるだろ〜」と思っていたのですが、そう簡単にはいきませんでしたです。

粘り強い、僕の毛根。その粘り強さ、髪の毛のほうで発揮してください(切実)

とはいえ、ヒゲの総量は確実にへり、上アゴはほぼ生えなくなり、下アゴもヒゲが生えている面積より生えていない面積が多くなりました。

ヒゲ脱毛のメリット

ヒゲ脱毛2年目の写真。まだアゴあたりは青い。

次に待望の(?)ヒゲ脱毛のメリットをシェアします。

1:ヒゲのお手入れがなくなってマジで楽

詳しくは記事の後半に写メをのっけているのですが僕のヒゲはかなり減り、ヒゲを剃るとしても電動シェーバーで10秒もあれば完了するようになりました。

また、ヒゲ剃り前中後のケアもすごく楽ちんに。

今までであれば、剃る前にヒゲをお湯で柔らかくして、手動であればシェービングクリームを塗って、カミソリ負けしないように丁寧に剃って、剃り終わったあとは肌が荒れないように保湿して…

という鬼畜の工程があったのですが、今やそれは0。

電動シェーバーで10秒→やりたいなら保湿で終了なので時間のない時にすごく助かっています。

ちなみに使っている電動シェーバーはラムダッシュ(パナソニック)の3枚刃。

IZUMIというメーカーの電動シェーバーは安くて良い」と聞いて一度買ってみたのですが、剃ったあとにヒリヒリしてしまって僕には合わず、結局ラムダッシュを使っています。

2:青ヒゲがなくなって嬉しい

今まで一番いやだった青ヒゲ。これがなくなりました。

とはいえ、まだヒゲが生えている部分を剃ると若干、ほんとに若干青くなる程度で、全く気にならないレベルとなりました。

気になるレベルを10段階で言ったら、脱毛前が10で、今は2~3という感じ。

「ヒゲが一本も生えないとぅるんとぅるんフェイス」とまではいきませんが、ヒゲが生えていない範囲の方が多いので、「ほぼとぅるんとぅるんフェイス」は実現しました。うれC。

3:自己肯定感が爆上がりした

この記事の最初にも書きましたが、僕は、ヒゲ脱毛以外にも歯列矯正や、AGA(ハゲ)治療もしています。

で、やっぱり自分のコンプレックスってできるだけ潰すべきだと思うんです。

僕の場合は、青ヒゲがいやでシェーバーを持ち歩いたり、ヒゲを抜いたりしていたし、

歯並びが気になり始めた時は、どこか上手く笑えない自分がいたし、

ハゲが気になっていた時は、「前髪が整ってるかな?」ということが気になってしょうがなかったんです。

こういうのってセルフイメージに直結したり、自分では気がついていない、メニミエナイ所で仕事やプライベートのパフォーマンスに影響すると確信しています。

なので僕は同じ悩みを持った人がいたら必ずこう言います「今すぐやった方がいいよ」と。

▶︎ 【公式】湘南美容クリニックで無料カウンセリングしてみる

最近の悩み

ヒゲ脱毛3年目。アゴの青さがかなり目立たなくなってきた。

最近の悩みは、完全にキレイさっぱりとぅるんとぅるんのフェイスまで脱毛するかどうか?です。

満足行く範囲での脱毛は完了しましたが、まだヒゲが残っていることには変わりありません。

ちなみに4年間の脱毛が終わり、1週間くらい放置したヒゲはこんな感じです(お見苦しいかもなので、少し画像小さめ)

大学4年の時と比べるとこれくらい変わりました。

上アゴはもう数える程度しか生えてこないし、下アゴもかなりまばらになりました。

脱毛0からの状態なら、当然「今すぐ行った方が良いよ」となるのですが、ヒゲ剃るのも今は楽ちんだしコスパ的にどうなんだろう?とか思ったりもしています。

今考えているのは自宅用のレーザー脱毛器を買ってしまいつつ、湘南美容クリニックでは毎年お誕生日ポイント(1万円分)をもらえるので、そのポイントで細々と続けようかなと思っています。(ドケチ)

▶︎ 【公式】湘南美容クリニックで無料カウンセリングしてみる

【追記】自宅用レーザー脱毛器買ってしまった

先日自宅用レーザー脱毛器を購入してしまいました(照)

「本当に効果があるのか?」現在検証のため、右半分だけ照射しています笑

ファーストレビューの動画撮りましたのでよろしければご覧ください!

【関連記事】「向いている人・向いていない人」トリア4Xとプレシジョンの違いと注意点

おすすめの記事