1500M自由形をみて思うこと

選手の調子はわかりませんし、
代表選手、代表選手を育てるようなコーチならば当然ご存知なことだと思うのですがんだけど。

やっぱり

1500は自分のレースをして自分のペースでレースメイクしないとダメだと思うんだよなあ。

所詮、長水路1500Mを15分21秒。競泳では全日本6位でしか泳げなかった身ですが、

よく選手が「◯◯メートルまで△△選手についていって…」とかレース展開を考えてるケースがあるんだけど。

「相手についていく」ってレース展開は基本的に存在しないと思うんだよなあ。

レースは「練習の成果」なハズ

なぜかというとレースって「練習の成果」なのであるから

「普段からその△△選手と一緒に練習してる」

とか

「普段からその△△選手についていく」という練習をしている。

なら、話は別だけど。

普段チームメイトと練習してるとか、

普段1人で練習しているのであれば、「△△選手についていく」ってレース展開は基本的に存在しないと思うんだ。

練習ではやっていない、練習ではやったこともない、「ぶっつけ本番」のペーシングになってしまうし。

1500にも前半型とか後半型とか選手によって様々なわけで。

前半型の選手が、「後半型の△△選手についていく」

なんてしたら、当然自分の持ち味は発揮されないわけだからベストパフォーマンスができなくて当たり前だと思うんだよなあ。

結局は自分自身との戦い

結局、どんな選手と一緒にレースしようがしまいが

普段、自分が練習でやってるペース配分守って自分の持ち味活かして自分のレース展開するのが最強かと思ふ。

おすすめの記事