後輩、ブチ切れられるの巻

僕が大学生のころのお話。

後輩の男の子(当時高校生)が、「全国大会でメダルがとれるかも!」というチャンスが巡ってきました。
(つまり3位までに入れるかも。という意味)

その大会は、強豪の選手がそろって不参加を表明しており、

それまで全国大会でメダルをとったことのなかった後輩には、願ってもない大チャンスでした。

強豪がいなかったから。

という理由でも、「全国3位以内入賞」は相当なハクが付きます。

 

「いつも通りに実力がだせれば、ほぼメダルは確実だろう」というくらい、メダルの確立が高いレースでした。

後輩本人も、コーチも、僕ら先輩も、みんなが意気込んでいました。

で、

後輩のレースの結果は「惨敗」

ベスト落ちでした。

後輩は、これまでにない大チャンスを棒にふってしまいました。

 

当時のコーチは大激怒。

それもそうです。

「いつも通りやっていれば」メダルは確実なレースだったので。

周りの仲間たちも

「あーあ、やっちゃったよ。あいつ」

という状況でした。

ちなみにこの時の話は、こちらの動画でも話しています。

よろしければどうぞ⬇︎

後輩にそのレースの感想を聞いてみた

数日後、

その後輩に「あのレースどうだった?」と感想を聞いたところ。

後輩『レース前にイスに座って集中していたんです。』

後輩『でも、それがダメだったみたいです。』

後輩『身体うごかさないでどうするんだ!身体が冷えてしまうだろ!とコーチにもみんなにもいわれました』

後輩『これからは、レース前はイスに座らずに身体をうごかそうと思います!!!』

と言っていました。

そこで、僕は思ったんです。

もし、彼がそれでメダルをとっていたとしたら、

 

「お前、超集中してたもんな!!!!」

「あの時の集中、絶対やってくれると思ったぜ!!!」

って言われるんだろうな。

と。笑

 

つまり、

イスに座っていた→メダルとれなかった→だからダメだったんだ!と言われ。

イスに座っていた→メダルとれた→お前集中してたもんな!と言われる。

ってことに気づきました。

 

人は、結果で簡単に手の平を返すんだなぁと。笑

気づきました。(というか、悟ったとうか笑)

 

当たり前の話ですが、

レースは、自分がやるものです。

コーチや、仲間のだれかが代わりに出てくれるとかもありませんし、

コーチや、仲間のだれかがレース中に引っ張って助けてくれるということもありません。

 

だとしたら、そんな簡単に周りに振り回されていいのか?

と思ったんです。

後輩があの時決めたことが、

あっていたのか?間違っていたのか?

は、わかりませんが。

「やるのは自分なのだから、周りに振り回される必要はない」

と思うんです。

「周りの言う事を聞くな!」という話ではない

周りの言う事を聞くのも、聞かないのも「自分が決められること」なので

「自分が」身体をうごかしたければ、うごかせばいいし、

「自分が」座って集中したいなら、座ればいいと思うんですよね。

 

結果が思うように出ないとき。ダメなとき。

人は、誰かのせいにしてしまうことがあると思います。

けれど、それも「自分が決めたこと」と思えば、

例えそれがどんな結果であろうと「自分が決めたことだから」といって、受け止められると思うんですよね。

 

まとめると、

周りではなく、「自分」に”基準”をおきましょう。というお話でした。

 

おすすめの記事