「麻生くんってめっちゃ努力家だよね」

最近、

「麻生くんってめっちゃ努力家だよね」

と言って下さる方がいらっしゃいます。

ただ、なんかあんまりしっくりこないんです。
(認めて下さるのはすんごくうれしい←)

僕の中では、「努力」という言葉は存在していないからかもしれません。
(…というか、しっくりこないというか。)

たしかに、
がんばっていることは、がんばっています。

けれど、

人様に向かって「僕は努力しています」とまで言えるレベルではない

かなぁ。

と思うのです。
(世の中もっとがんばっている人、沢山いるだろうし…)

「当たり前のことを、当たり前にやる」

 

現役時代もそうでした。

僕の専門種目は、1500M自由形といって、

水泳の中で最長距離の種目でした。
(今「泳げ」といわれたら100%泳ぎたくないです笑)

そのため、トレーニングは人一倍長いです。
多いです。

仲間のトレーニングが終わっても、泳ぎ続ける。
そんな種目でした。

けれど、

「結果をだしたい。だからやる。」

ただそれだけでした。

「当たり前に、淡々とやる」というか。

「自分はこれだけ努力した!」が自信につながる人もいるのですが、

「自分は努力をしているんだ!」
と、思えば思うほど、エネルギーを消費する気がしたんですよね。

僕の場合は。

 

「今日だけは」と思ってみる

今、トレーニングのモチベーションが絶賛下降中の方!
なにかをすることのモチベーションが絶賛下降中の方!

「その日の気分」でトレーニングしていませんか?
「その日の気分」で一日を過ごしていませんか?

そのやり方だと、

せっかく計画した
トレーニングプランニングもズレていってしまいませんか?

自分の人生のプランニングもズレていってしまいませんか?

今日だけは、「当たり前だ」と思いながら
トレーニングをやってみてはいかがでしょうか?

今日だけは、「当たり前だ」と思いながら
自分が本当にやりたいことにトライしてみませんか?

「当たり前だ」と思いながらやると、疲れないですよ~笑

「こんなに努力したのに結果がでなかった!」
という趣旨の投稿をSNSで見かけることが多かったので、

書いてみました~^^

おすすめの記事