クロールで泳ぎの無駄をなくすテクニック

こんにちは!まさとしです!

 

泳いでもあまり進まない人
泳いでも泳いでもなかなか進まない…。
この原因ってなんなんだろう…?

 

今日はこんなお悩みを解決します!

当たり前ですが、どうせ泳ぐなら効率良く泳ぎたい(進みたい)ものですよね?

しかし、無駄な動きが入ってしまっているせいで進みの効率が落ちてしまっている人がかなりいますorz

そこで!今日は、クロールを泳ぐ時に無駄をなくすためのテクニックをお話したいと思います!

ポイントは頭(顔)!

今日のポイントは頭の位置です。

具体的に言うと、クロールを泳ぐときに頭や顔が動かないようにするということです。

クロールと背泳ぎは"ローリング"といって体を左右に回転させる動きが入ります。

僕が現在指導している経験上、ローリングの時に頭や顔が動いてしまう人が非常に多いです。

効率よく進むのであれば、そういった「頭や顔が動いてしまう」という無駄な動きはカットしていきたいところです。

では、頭や顔が動いてしまう泳ぎというのは具体的にどういうことなのか?

頭や顔が動かない泳ぎというのは具体的にどういうことなのか?

以下、解説していきます!

悪い例

このように、体を右に開くと、頭(顔)も右に。体を左に開くと、頭(顔)も左に動いてしまう方が非常に多いです。

良い例

では、良い例の泳ぎもみてみましょう。

頭(顔)が左右に動いていないことがわかるでしょうか?

では、どうやって、このように頭(顔)を動かさないようにしていくのか?

改善するためのドリルはコレ!

頭(顔)が動いてしまう…ブレてしまう…そんな方にオススメのドリルはツイストキックというドリルです!

●やり方

①腕を胸の前に組み
②キックだけでローリングしていきましょう!

腕をストローク(かかない)しない分、頭(顔)が動かないように集中して行いましょう!

それではまた次回!!

このツイストキックのより詳しい解説や、注意すべきポイントを知りたい方はこちらをどうぞ⬇︎

https://asoinfinityfarm.stores.jp/items/5b5f5588ef843f38c9001731

 

おすすめの記事