まさとしです!

 

クロールを泳いでいて苦しい人
クロールを泳いでいるんだけど、どうも苦しい。
苦しくならない泳ぎ方ってなにかないのかな…?
今日はこんなお悩みを解決します!

クロールが「苦しい」2種類ある

「クロールを泳いでいて苦しい」と感じる時。

その「苦しさ」の種類は、大きくわけて2つあると考えています。

1:心肺的に苦しい

「溺れそう」「沈みそうで怖い」と思うことによって体全体に力が入り、

もがくように泳いでしまうことによって感じる「苦しさ」がまず1つ目です。

わかりやすくいうと、

「ゼェゼェ」「ハァハァ」と息が上がってしまって感じる苦しさですね。

これを取り除くためには

 

①25Mを1分かけて泳ぐなど、できるだけゆっくり泳ぐ

②水慣れなどで力みを取り除く

 

ことによって改善されることが多いです。

 

①のできるだけゆっくり泳ぐに関しては今後、記事や動画にしていきます。

②の水慣れに関しては、これらの動画を参考になると思います⬇︎

2:息継ぎ(呼吸)がうまくできなくて苦しい

息がうまく吸えない、吐けないことによって感じる「息苦しさ」が2つ目の苦しさです。

この苦しさを取り除くためには

 

①息継ぎを楽にできるようにする

②息を吸う、吐くタイミング(リズム)を一定にする

 

ことによって改善されることが多いです。

①の息継ぎを楽にできるようにするには、こちらの動画が参考になると思います⬇︎

②の息を吸う、吐くタイミング(リズム)を一定にする方法に関しては

この記事で以下、解説していきます。

クロールが苦しい原因

クロールが苦しい原因・理由として考えられるのは

クロールを泳いでいる最中、ずっと息を吐き続けている

というケースです。

 

息を吐くということは、息は苦しく(吸いたく)なりますし、

「肺」という浮き袋がしぼんでしまうため、当然体は沈みます⬇︎

クロールの苦しさを改善するには

クロールを泳いでいる最中、ずっと息を吐き続けていると苦しくなる&沈んでしまうので

クロールを泳いでいる時は、息継ぎをする直前まで息を止めておくことをオススメいたします。

 

特にクロール初心者の方にオススメなのは、4回に1回呼吸です。

4回に1回呼吸で息を吸う、吐くタイミング(リズム)を一定にする練習をしましょう!

※4回に1回呼吸というのは、手(腕)を4回かく内、1回だけ息継ぎをすることです。

クロールの苦しさ改善:4回に1回呼吸のやり方

「手(腕)を4回かく内、1回だけ息継ぎをすることです。」と文字で説明するより、

画像で説明した方が伝わりやすいと思うので、以下画像付きで解説していきます。

1かき目(左):息は止めておきます⬇︎ 2かき目(右):息は止めておきます⬇︎3かき目(左):ここで息を吐きます
顔の周りに泡が出ているのがわかるでしょうか?⬇︎ 4かき目(右):ここで息を吸いますなお、このやり方は右呼吸のやり方です。

左呼吸の方は、1かき目を逆にしてスタートしてくださいね!

クロールの苦しさ改善:立った状態で練習してもOK

いきなり、

「泳ぎながら①止めて②止めて③吐いて④吸う練習をする」というのはハードル(難度)が高くなってしまいます。

 

そのため、できるかどうか不安な方は、

まずは立った状態で①止めて②止めて③吐いて④吸ってを練習してもOKです。

(むしろこの方が上達のステップとしてはクリアしやすいはずです。)

1かき目(左):息は止めておきます⬇︎2かき目(右):息は止めておきます⬇︎3かき目(左):ここで息を吐きます⬇︎ 4かき目(右):ここで息を吸います⬇︎

繰り返しになりますが、このやり方は右呼吸のやり方です。

左呼吸の方は、1かき目を逆にしてスタートしてくださいね!

 

最終的には、この①止めて②止めて③吐いて④吸う

という呼吸のタイミング(リズム)を意識しなくてもできるようにしていきましょう!

 

ちなみに、この記事の解説も動画にしているので、映像で学びたい方はこちらを参考にしてください⬇︎

まとめ

「苦しさ」は2種類

1:心肺的に苦しい(ゼェハァして苦しい)

原因:力みすぎ

対策①:水慣れで力み抜く

対策②:できるだけゆっくり泳ぐ練習する

 

2:息継ぎができなくて苦しい(呼吸が苦しい)

原因:息がうまく吸えない、吐けない

対策①:息継ぎのドリル(部分)練習をする

対策②:息を吸う、吐くタイミング(リズム)を一定にする
(今回の記事は主にこの部分について解説)

苦しい原因

☑️泳いでいるとき息をずっと吐いていないか?

自分でチェックしてみよう。

息を吐く=苦しくなる&沈む

苦しさを改善するには

呼吸のリズムを一定にしよう。オススメは4回に1回呼吸。

1かき目:息は止めておく

2かき目:息は止めておく

3かき目:息を吐く

4かき目:息を吸う

最終的にはこのリズムを意識しなくてもできるようにしよう!

 


 

以上のような感じでした!

今日の記事が

少しでも「タメになった!」という方!

この記事をあなたのお友達や、あなたのSNSでシェアしてくださると嬉しいです♪

それではまた次の記事でお会いしましょう!

 

 

「もっと苦しくならない方法」知りたくないですか?

Youtubeやブログでは伝えきれないテクニックをお伝えしています⬇︎

https://asoinfinityfarm.stores.jp/items/5b5f5588ef843f38c9001731

おすすめの記事