⬇︎この記事の動画解説はこちら

こんにちは!まさとしです。

泳ぎが上手くなりたい人
プールでみかける泳ぎが上手な人みたいに「大きく」泳げるようになりたい。
どうすれば大きく泳げるんだろう…?

 

今日は、こんな疑問に答えます!

大きく泳ぐための2つのポイント

大きく泳ぐためのポイントは、

 

①姿勢

②リカバリー(腕を後ろから前にもどすこと)

 

この2つにあります。

以下、1個ずつ解説します。

クロールの基本動作を理解しよう

まず、クロールの基本動作を理解しましょう。

クロールは体を

⬇︎①左側

⬇︎②下側

⬇︎③右側

と、

左右に体を回転(ローリング)させていきます。

 

つまり

 

クロールの姿勢は、3分の2横向き。

 

ということになります。

リカバリーは体が横向きの時に行う

体が横向きになった時に

リカバリーをするわけですが、

 

泳ぎが大きくみえるのは、このリカバリーの姿勢に秘密があります。

泳ぎが大きくみえる秘密とは

⬇︎リカバリーの際、このように体が横向きの状態でキープができていると

⬇︎水上から腕が出ている部分が多くなるため、必然的に泳ぎが大きくみえる

ということになります。

逆に、リカバリーの際、横向きの姿勢がキープできないと…

⬇︎このように、泳ぎが潰れてしまい、泳ぎが小さくみえる

ということになってしまいます。

大きな泳ぎを実現するためのドリル

ではどうすればいいのか?

 

横向きの姿勢がキープできない=泳ぎが小さくみえる

横向きの姿勢がキープできる=泳ぎが大きくみえる

 

ので

 

まずは横向きの姿勢を安定させ、キープさせるためのドリルが必要不可欠です

 

そのドリルが気になる方は

こちらの「クロール (2ビート) の泳ぎ方と練習方法

の記事を参考にしてみてくださいね!

 

今日の記事が

少しでも「タメになった!」という方!

この記事をあなたのお友達や、あなたのSNSでシェアしてくださると嬉しいです♪

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

もっと長距離を楽に、長く、速く。そして美しく泳げるようになりたい方はこちらをどうぞ⬇︎

https://asoinfinityfarm.stores.jp/items/5b5f5588ef843f38c9001731

おすすめの記事